石綿工場で働いていた方、
そのご遺族

大阪泉南アスベスト訴訟とは

中皮腫、石綿肺等はアスベスト(石綿)を長い間吸入することで発症リスクが増大する疾患ですが、このような健康被害を被っている方は、過去に石綿工場などで勤務をした経験のある方が多いという実態が、1954年以降の研究調査により明らかとなっておりました。
このような経緯のなか、2009年に、大阪府南部・泉南地域のアスベスト工場の元従業員やその遺族の方々が、国に対して損害賠償請求を求めた訴訟が大阪泉南アスベスト訴訟です。
そして、平成26年10月9日、大阪泉南アスベスト訴訟の最高裁判決において、「昭和33年5月26日から昭和46年4月28日までの間、国が規制権限を行使して石綿工場に局所排気装置の設置を義務付けなかったことが違法である」との判断が下されました。
その後、国は、上記最高裁判決で示された要件を満たすことが確認された方々に、賠償金を支払う方針を明らかにしております(石綿工場型)。

賠償金支払いのための要件(石綿工場型)

賠償金支払いの対象となるのは、大阪泉南アスベスト訴訟で示された以下の要件を満たす方、またはそのご遺族の方です。
これらを立証するためには、日本年金機構発行の「被保険者記録照会回答票」、都道府県労働局長発行の「じん肺管理区分決定通知書」、労働基準監督署長発行の「労災保険給付支給決定通知書」、医師の発行する「診断書」等の証拠が必要となりますが、詳細は当事務所にお問い合わせください。

昭和33年5月26日から昭和46年4月28日までの間に、局所排気装置を設置すべき石綿工場内において、石綿粉じんにばく露する作業に従事したこと。

  • ※「石綿工場」とは、石綿紡績工場、石綿含有建材・製品の製造工場などを指します。
  • ※上記期間内で就労した事実があれば、一部の期間でも対象となります。また、その前後の期間に石綿工場で働いても対象となります。
  • ※労災保険や石綿健康被害救済法による給付を受けている方であっても、賠償金の対象となります。
  • ※すでに事業場(会社)が倒産や閉鎖していても対象となります。

その結果、石綿による一定の健康被害を被ったこと。

※「石綿による一定の健康被害」とは、石綿肺、肺がん、中皮腫、びまん性胸膜肥厚などをいいます。

提訴の時期が損害賠償請求権の期間内であること。

期間内であるかどうかは当事務所にて確認させていただきます。

証拠収集から当事務所にお任せください

難しそうに感じる証拠収集ですが、当事務所では、戸籍事項全部証明書などの公文書から診断書等の医療記録まで、皆さんに代わって上記の要件を立証するために必要な証拠の収集をいたします。
上記の要件に当てはまる可能性がある方は、安心してご相談ください。

※一部弁護士では収集できないものについては、ご自身で収集することをお願いする場合があります。

POINT
  • ・アスベストが原因の健康被害にあわれていると国が認めた方は、最高1,300万円の賠償金が支払われます。
  • ・石綿工場型のアスベスト訴訟は一定の証拠をそろえられれば国が和解するので予測が立てやすいのが特徴です。

0120-377-931

お問い合わせお問い合わせ

Copyright hiramatu-go pat. All rights reserved.

ページトップへ移動