弁護士費用

当事務所のB型肝炎に関する弁護士費用は完全成功報酬制!
お客様が赤字になることはありません。

相談料 無料
着手金 無料
報酬金

1. 慢性肝炎などを発症された方・・・実質8% (給付金の12%)

  • ※給付金とは別に給付金の4%相当額を弁護士費用として国が負担しますので、お客様の実質負担は8%です。
たとえば軽度の肝硬変の場合、給付金は2,500万円となり、その12%にあたる弁護士費用が300万円となりますが、弁護士を通じて訴訟をした場合には給付金とは別に給付金の4%相当額である100万円を訴訟手当金として国からさらに支給されるので、お客様の負担は残りの8%相当額である200万円だけとなります。

2. 症状の出ていない方・・・・・・・実質8万円 (10万円)

※給付金とは別に給付金の4%相当額である2万円を訴訟手当金として国が負担しますので、お客様の負担は残りの8万円となります。

(①②印紙代等の訴訟費用等の実費は当事務所で立て替えたうえで、事件終了時にお客様にご負担していただきます。)

3. 検査費用について

給付金の支給が認められた場合には、特定B型肝炎ウイルス感染者であることを確認するための検査費用(厚生労働省令で定められるもの)、弁護士費用とともに訴訟手当金として、国が負担することになります。これらの検査の費用は一旦はお客様に立て替えていただくことになりますが、検査内容によっては自治体で無料でやってくれるものもあります。
当事務所で受任させていただくのは、基本的に給付金の支給が予想されるお客様のみですが、万が一この予想に反して給付金の支給が認められなかった場合には、検査費用についても当事務所がご負担させていただきますので、お客様が赤字になることはありません。ご安心してご依頼ください。

  • ※お客様のご申告の内容が真実に反する場合には、当事務所がご負担できない場合もありますので、予めご了承ください。

0120-554-931

お問い合わせお問い合わせ

Copyright hiramatu-go pat. All rights reserved.

ページトップへ移動