B型肝炎給付金のご案内

  • 通院・治療費で、生活が苦しい。
  • 薬代が高くて、貯金ができない。
  • 病態が悪化したときに、十分な医療が受けられないか不安。

  • 家計を気にせずに、通院・治療できる。
  • 病態が進行したときの、医療費・生活費に備えられる。
  • 定期検査の費用が、年4回支給される。
    ※キャリアのみ

現在の治療費や、将来の進行の不安に
備えられるB型肝炎の給付金

B型肝炎の給付金は、幼少期の集団予防接種が原因で感染された方が、国と和解することで最大3,600万円を受け取ることができます。

※昭和16年7月2日から昭和63年1月27日までに生まれている方であるか、もしくはその方が亡くなられている場合は相続人(配偶者やご子息さまなど)の方

B型肝炎の給付金請求は、約17%
多くの方が給付金をもらえる機会を逃しています

  • 小学校の
    卒業証明書
  • 各種の
    医療記録
  • 接種痕
    意見書
  • 戸籍事項
    全部証明書

必要な書類は個々人によって異なります。

  • 自分で動かなく、全て収集してもらえたのが良かった。

  • 他事務所では自分で集めるように言われ、面倒だからと諦めていた。

  • 戸籍、卒業証明書、医療記録、全て事務所側で揃えてもらったので、本当に助かった。

給付金の申請に必要な書類を、弁護士が集めます。大変なことは弁護士にお任せください。他の事務所にはあまりみられない特別なサポートが、多くの依頼者から好評いただいています。

B型肝炎に精通している医者と提携しています。ご相談者のかかりつけ医が動いてくれないときにも対応できる体制を整えています。

B型肝炎の給付金申請のノウハウが豊富にあり、困難なケースも解決してきた実績があります。

昔ながらの「事務所で待つ弁護士」ではなく、全国各地で出張相談会を無料で行っています。事務所まで訪ねることが難しい方に好評です。

  • 事務所で証拠収集をしてもらえるのが楽だった(他の事務所は自分でしなければいけなかった)

  • 全て対応してくれたので、待ってるだけで楽だった。

  • もし自分で集めなければならかったら、億劫でとても進まなかったと思う。

  • 同意書を書いて、医療記録の収集を全部代行してもらえたこと。戸籍や小学校卒業関係の書類も、代わりになって取寄せてもらえたこと。自分で取寄せが必要な事務所だったら、丁寧な案内があったとしても途中でやる気をなくしていたと思う。

  • 面談に行くときは法律事務所なんて初めてで緊張したけど、弁護士さんと事務員さんがわかりやすく説明してくれたので不安は無くなった。

  • 和解に至るまで親切丁寧にご対応いただいたため、給付金手続きについて分かりにくいと感じたことはありませんでした。最後まで安心してお任せできました。

  • 節目ごとに今後の流れを連絡してくれ、それにはおおよそこれくらいの期間がかかるというのも随時説明してくれたので安心して待つことができた。

  • 今後弁護士さんに相談したいことができれば、またお願いしようと思います。対応がとても親切で分かりやすく思いました。

  • なにもないことが一番だが、何か合ったら相談したい。

  • 初めて弁護士に相談したので緊張していたが、丁寧に対応頂いたおかげで安心して任せられた。もし機会があるのであればまたお願いしたい。

※無症候性キャリアの感染20年以降の方は、さらに安い実質8万円負担

※追加給付金請求については支給された給付金額の8%(税別)を支給後に差し引かせていただきます。

ご相談される多くの方から、「もっと早く知りたかった」「病院でも知らされなかった」などの声をいただきます。平松剛法律事務所では、少しでも多くの方がB型肝炎給付金のことを知り、受け取ることができるように認知普及活動を行っています。

3万人以上の方にご相談いただくなかで、さまざなま声を聴いてきました。
B型肝炎による理不尽なことを。

  • 悪いことなんて何もしていないのに、なんで自分が・・・と涙ながらに語られる方。
  • 妊娠時に医者から告げられて、生まれてくる子どもに感染しないか恐怖した毎日。
  • 検査のたびに数値が悪化していないかと、不安に襲われながら結果を待つ辛さを話された方。
  • 治療法がないと告げられたときの絶望感
  • 調べれば調べるほどショックで落ち込み、夜に一人で枕を濡らした日々。
  • いつ悪くなってしまうのか。心の安らぎを失って、うつ病にもなってしまった方。

国の施策によって、集団予防接種を受けた。その結果が、B型肝炎のつらい毎日をもたらした。
それなのに、国は和解に対して能動的とは言い難いのが現状です。
和解の受付には期限があり、普及活動も十分ではありません。

国が被害に合われた方の味方にならないならば、
私たちが味方となって寄り添いたい。
和解によって得られる給付金で、少しでも現在の生活や将来の不安が軽くなる一助になりたい。

この想いを、平松剛法律事務所ではスタッフ全員が抱いています。
私たちに、あなたのお手伝いをさせてください。
あなたからのご連絡をお待ちしています。

平松剛法律事務所 一同より

Q予防接種を受けた記録がありません。私でも給付金はもらえるのでしょうか?
A予防接種を受けたかは、接種痕があることを医師に保証いただいたり、ご本人の陳述から証明することができます。当事務所のフォーマット書面を使えば、難しいことはありませんのでご安心ください。詳細は相談窓口までお問い合わせください。
Q無症候性キャリアとは何ですか?
A無症候性キャリアとは、B型肝炎ウイルスに持続感染しているものの、発症していない方のことです。こうした症状が出ていない方にも給付金や定期検査費用が支給されますので、まずは相談窓口までお問い合わせください。
Q受給後に症状が悪化したら、どうなるのでしょうか?
A病態が進行した場合、追加給付金が支払われます。たとえば慢性肝炎で1,250万円受け取られた方の場合、肝臓がんに進行した際には3,600万円-1,250万円=2,350万円が追加で給付されます。

Q本人が亡くなってからでも、遺族に給付金は支払われるのでしょうか?
AB型肝炎の給付金制度は、感染被害のご本人様のみでなく、その相続人にも支給されます。ご両親や配偶者の方がB型肝炎に感染されていた場合、まずは相談窓口までお問い合わせください。
Q相談のたびに、毎回事務所まで訪ねなくてはならないのでしょうか?
A事務所まで毎回お越しいただく必要はございません。基本的には直接相談は初回のみで、以降はお電話や郵送でのやり取りとなります。

B型肝炎給付金についてのご相談は、実績豊富な平松剛法律事務所にお任せください。メールでのご相談は下記メールフォームより24時間受け付けております。フリーダイヤルでも受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

項目は必ずご入力ください。

お名前 例:平松 剛
フリガナ 例:ヒラマツ ゴウ
都道府県
電話番号 例:03-6280-6471
ご相談の内容

※メールでご連絡を希望される方は、こちらにメールアドレスをご記載ください。