平松剛法律事務所

Concept

2007年に設立した平松剛法律事務所。
当時はほとんど存在しなかった
「労働組合に加入しなくても会社と戦える労働者のための事務所」として始まり、
全国10拠点を開設するまでに成長しました。
また「事務所で依頼者を迎える」のではなく、出張相談会を定期的に実施するなど、
これまでの慣習に捉われない姿勢が、顧客の皆さまからも高く評価されています。
現在は労働問題だけでなく交通事故や国家賠償請求訴訟、企業法務などの民事事件を中心に、
ご依頼者様の要望に応じて広くお受けしています。
平松剛法律事務所が考えることは、常に依頼者のこと。弁護士は、法で人を救える唯一の存在です。
法の担い手として、多くの人を救える弁護士を一緒に目指しませんか?
あなたからのご応募をお待ちしています。

Service

民事事件を中心に様々な事件を取り扱っております
平松剛法律事務所では依頼者救済をモットーに、さまざまな民事事件をお受けしています。
労働問題では、労働組合とのつながりに関係なく、解雇、残業代請求、給与カット、退職金請求、退職代行、セクハラ問題などが中心です。
また交通事故は物損事故など小さい事故からお受けし、ご依頼者からも好評です。
そのほか国家賠償請求訴訟や相続問題などシニアの皆さまからの信頼も高く、さまざまな事件を受任しています。
近年は企業法務にも取り扱いを拡大し、労働問題がそもそも生じることがないよう、
法務面から労働者が働きやすい環境作りを目指しています。
事業内容
あなたの得意分野、経験したい分野を伸ばしていきます
平松法律事務所には、日々多くのご相談依頼があり、その内容もさまざまです。
そのため多様な案件の経験を積むことができます。
またそれらの経験を重ねるなかで専門性を高めたい分野が見つかりましたら、その分野を重点的に担当することも可能です。
弁護士としてT型のキャリア(各事件を横断しながら、関心分野の専門性を伸ばすことができる)を積めることが、
平松剛法律事務所の特長でもあります。

Environment

働きやすい環境

ワークライフバランスを大切に
代表が長時間労働を善しとしておらず、趣味や自己研鑽、プライベートの時間も大切にできる労務環境が整っています。実際に弁護士の週平均労働は43.2時間。家族や友人との時間を大事にできると弁護士からも好評です。
事務局サポートとIT導入による業務効率化
平松剛法律事務所には事務員が多く在籍し、お問い合わせや経理周りなどは事務局が担当するので、弁護士は事件そのものに集中することができます。またITツールの積極導入や、専任の社内SEがオリジナルのシステムを構築するなど、情報共有・案件管理が効率化されており「業務のキャッチアップがしやすい」と弁護士からも好評です。
若手の意見も採用される風通しの良さ
弁護士一人ひとりがお互いを重要な人物として認め合っています。若手であっても情報共有や注意喚起、書式変更についての提案などが歓迎される雰囲気が常にあります。
また弁護士同士・弁護士と事務員間の風通しがよく、修習期や各事務所の分け隔てなくコミュニケーションをとることができます。

成長機会が多い環境

依頼者に寄り添うさまざまな事案を担当できる
平松剛法律事務所では弁護士経験に関係なく、一人ひとりを重要な戦力だと思っています。新人弁護士だからと特定事件のアシスタントのみを任せるのではなく、先輩弁護士の指導の下、さまざまな事件を初めから終わりまで担当することができます。
OJT(現任訓練)で基礎からしっかりと学べる
「この弁護士にお願いしたい」と思っていただけるための依頼者対応の仕方や、各拠点の研修では各地裁判所の法廷対応経験も得られるなど、新人弁護士から好評のOJTが平松剛法律事務所にはあります。
他の弁護士が担当した事案を参考にできる
案件はすべてオリジナルITツールで管理。各弁護士がどのような事件をどのように進めているのか、具体的にどのような書面を作成しているのかなど、膨大な事例データから自由に学べる環境が整っています。弁護士からも「他の弁護士の起案を参考にすることもできるうえ,報告メールにより他の弁護士の現場対応を知ることができる」と好評です。

経営基盤がしっかりとした環境

創業当初から受任し続けてきた「労働関連事案」
創業から労働事件に取り組み、弁護団を介さずに労働者個人から直接依頼を受けています。ご依頼が絶えることはなく、特に労働審判の申立件数(弁護士一人当たり)は全国有数と自負しています。伸び続ける労働事件の専門性も身につけられることが当事務所の特長でもあります。
各地10拠点から全国のご依頼を受任できる
国内10拠点から、全国各地でお困りの方々にご対応しています。
全国展開しているため商圏が限定的ではなく、それが経営基盤の安定性につながっています。

Work

平松剛法律事務所では弁護士の皆さんが働きやすいように、労務環境の改善に取り組んでいます。
その効果をデータで見える化しました。当事務所の理解を深める参考になりますと幸いです。

週平均労働時間

週平均労働時間

弁護士の週平均労働は43.2時間と、公私を大切にしながら働くことができています。
「業務量が比較的安定しており、一般的な弁護士よりもワークライフバランスがはかりやすい」と弁護士からも評価されています。

事務員の配置率100%

事務員の配置率100%

平松剛法律事務所は全国に10か所ありますが、どの事務所でも事務員によるサポートを受けられます。
「事務員が補助できる体制は、迅速な事件処理を可能にし有難い」と弁護士からも好評です。

労務環境への満足度

労務環境への満足度

「事務所全体で事件を共有していることから、難しい案件を弁護士間で相談することができる」「事件の受任や解決方針について柔軟な対応ができ、自身のペースに合わせられる」など、すべての弁護士が労務環境に満足しています。

若手弁護士の成長実感度

若手弁護士の成長実感度

「入所当時は丁寧な説明や書面の添削を受ける機会が多々あり、経験を積んでくるとある程度自己の裁量での判断も任せられている」「労働事件や交通事件の受任数も多く、実際の事件を解決しながら処理の手法を学んでいけ、その経験が自信になっています。

Voice

弁護士 小林 義典 / 62期司法修習生

経験弁護士 / 62期司法修習生
入所を決めた理由は、代表の人柄や事務所運営の考え方について、賛同できる点が多かったからです。
当事務所は、代表の個人事務所としての立上げ時から一貫して、労働者側の事件に多く携わり、解決事例を積み上げてきました。
このような法律事務所として中核となる専門分野を持ちつつ、一方で、所内の意見も柔軟に取り入れ、B型肝炎訴訟などの新しい業務分野にも積極的に対応していく考え方に、大変魅力を感じました。

弁護士 永澤 友樹 / 69期司法修習生

弁護士登録直後から平松剛法律事務所に入所しました。事務所訪問を行った際、弁護士と事務員とが非常に打ち解けている雰囲気を感じ、働きやすさを重視して入所を決意しました。実際にスタッフ間の垣根が低くコミュニケーションがとりやすいため、円滑に業務を進めることができています。
当事務所では、労働事件において労働審判手続を積極的に活用しています。労働審判手続は、その時間的制約から、期日上での対応力が強く求められます。入所当初から多数の労働審判を体感できるため、期日上での咄嗟の判断や和解交渉に柔軟に対応できるスキルが身に付いたと実感しています。また全国の所属弁護士の期日対応についても事務所内で共有されるため、各弁護士の現場対応を日々吸収することもできます。このような経験を通じ、他分野の訴訟・調停事件にも、臆することなく期日対応ができるようになりました。
書籍からは得ることができないスキルを身に付けたい方や、働きやすい職場を求めている方には、特に適している事務所だと思います。
若手弁護士 / 69期司法修習生

事務員 那須 香緒里

事務員
パラリーガルには、弁護士に指示されたことを正確かつ迅速に遂行する能力のみならず、あらゆる局面において主体的に思考する能力が必要だと考えています。
複雑で難しい案件やイレギュラーな案件を解決へと導く過程においては、自らの経験や専門知識に基づいた建設的な提案を求められることもありますが、そこには弁護士と同じ目線で問題解決に取り組むことのできる喜びがあり、専門性を磨くモチベーションにもなっています。多忙な弁護士を支えるためには、こうした提案力に加えて、幅広い視野を持って業務に携わることも大切になりますので、今後も日々研鑽に励み、仕事のパートナーとして常に信頼を寄せてもらえるような存在でありたいと思っています。

Benefit

社会保険完備

雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金など各種の社会保険を完備しています。

社宅制度

法律事務所では珍しい社宅制度を導入し、家賃も4割補助いたします。

各種手当

出張手当・休日手当・家族手当などの各種手当をご用意しています。

インフルエンザ予防接種費用負担

インフルエンザの予防接種にかかる費用を、事務所が全額補助いたします。

健康診断等規定の検診費用一部負担

健康診断や、婦人科検診、胃カメラ、大腸内視鏡など特定の検診費用を、事務所が一部負担いたします。

資格取得 英語学習支援 制度

当事務所が推奨する資格や英語学習にかかる費用を、事務所が一部負担いたします。弁護士からも好評の制度です。

Flow

icon
お問い合わせ
採用情報をご覧いただき、ご興味いただけましたらお気軽にお問い合わせください。
「まずは話を聞いてみたい」など相談のお問い合わせも大歓迎です。
01
icon
応募(履歴書、職務経歴書
お問い合わせ後に、
履歴書や職務経歴書などのご提出をご案内いたします。
 
02
icon
書類選考
応募書類を所内で検討いたします。
書類は厳重に取り扱いますのでご安心ください。
 
03
icon
面接(1~2回)
面接は1~2回を予定しています。
最初にチーフ弁護士や採用担当の者と面接いただき、最後に代表による面接を実施いたします。
04
icon
内定
雇用条件や勤務開始日などを具体的に決めていきます。
ご要望などはお気軽にご相談ください。
 
05
icon
入所
平松剛法律事務所の仲間として、依頼者を弁護いただきます。社内チャットなどで先輩や事務員の方に気軽に相談することができますので、安心してご入所ください。
06

Office

平松剛法律事務所は国内10か所に展開しています。
募集対象ではない事務所でも勤務可能な場合がありますので、まずはお問い合わせください。
皆さまからのご応募をお待ちしています
事業エリア拡大
立川・高崎・広島・北九州に新規開設を視野に、
弁護士・司法修習生を積極採用中!
東京事務所
東京事務所 ※募集中
銀座駅より徒歩3分
東京都中央区銀座6-2-1
Daiwa銀座ビル7階
札幌事務所
札幌事務所
札幌駅より徒歩5分
北海道札幌市中央区北二条西4-1
北海道ビル9階
仙台事務所
仙台事務所 ※募集中
仙台駅より徒歩3分
宮城県仙台市青葉区中央1-3-1
アエル11階
千葉事務所
千葉事務所 ※募集中
千葉駅から徒歩4分
千葉県千葉市中央区新町1番地17
JPR千葉ビル2階
横浜事務所
横浜事務所 ※募集中
横浜駅から徒歩3分
神奈川県横浜市西区北幸1-5-10
東京建物横浜ビル7階
名古屋事務所
名古屋事務所 ※募集中
名鉄名古屋駅より徒歩5分
愛知県名古屋市中村区名駅4-24-8
いちご名古屋ビル8階
京都事務所
京都事務所
京都駅より徒歩3分
京都府京都市下京区烏丸七条下ル
東塩小路町735-1
京阪京都ビル9階
大阪事務所
大阪事務所
梅田駅から徒歩4分
大阪府大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第三ビル5階
福岡事務所
福岡事務所
博多駅より徒歩2分
福岡県福岡市博多区博多駅前2-1-1
福岡朝日ビル6階
鹿児島事務所
鹿児島事務所
鹿児島中央駅より徒歩5分
鹿児島県鹿児島市西田1-5-1
鹿児島高見橋ビル5階

request

第73・74期司法修習生(予定者)・経験弁護士
対象 ■第73期司法修習生  ■第74期司法修習生(予定者)  ■経験弁護士
採用人数 若干名
求める人物像 意を決して相談・依頼していただいたクライアントにしっかり向き合うことのできる
対人能力を備えた方、信頼を得ることができる方(人柄重視)
勤務地 東京 (東京事務所(銀座)または立川※)
神奈川(横浜事務所または川崎など※)
千葉 (千葉または船橋など※)
群馬 (高崎など※)
宮城 (仙台事務所)
愛知 (名古屋事務所)
広島 (広島市など※)
福岡 (北九州市など※)
※事業エリア拡大による新規開設予定の事務所になります。これら地域で勤務いただける方を積極採用中です!
取り扱い事件 ■労働者側の労働問題(解雇、残業代請求、給与カット、退職金請求、セクハラ問題など)
 ※労働組合とのつながりはありません。
■企業法務(顧問企業の契約書チェック、各種訴訟対応、就業規則の整備等の労務管理等)
■B型肝炎訴訟(国家賠償請求訴訟を提起しての給付金の受給)
■アスベスト(石綿)訴訟
■被害者側の交通事故
■債務整理
■税務訴訟・国税不服審判
■遺産分割などの相続問題
■離婚
■その他一般民事事件
※得意な分野、経験したい分野などございましたら柔軟に相談可能です。
給与 月給40万円~
※最低保証額560万円(年俸) ※経験・能力等考慮し、面談の上決定致します ※個人受任可(経費負担応相談)
※年収近年実績例(個人事件は含まない)

弁護士登録年数
10年前後 約1300万円〜1400万円
7〜8年目 約1100万円〜1200万円
5〜6年目 約1000万円〜1200万円
2〜4年目 約700万円〜900万円
賞与 年2回支給 夏期・冬期(各1~2カ月ずつ)
※直近支給額例 (平均)2018年12月→2か月分、2019年7月→2か月分
昇給 年1回
※直近昇給額例 2019年4月→5~20万円(評価に応じて変動)
個人事件 受任可
勤務時間 10時00分 〜 18時00分
※時短勤務あり(労働条件の詳細は相談に応じます)
休日・休暇 ■完全週休2日制(土、日)祝
※但し、クライアントの都合により、休日にご対応頂く可能性もございます。
※年末年始休暇 夏季休暇 有給休暇 慶弔休暇 特別休暇
福利厚生 社会保険完備 / 社宅制度(家賃4割補助) / 各種手当(出張手当・休日手当・家族手当など)
インフルエンザ予防接種費用負担 / 健康診断等の規定の検診費用一部負担
資格取得・英語学習支援制度(一部費用負担※規定有り)
当事務所の特長 ・労働問題の専門性を身につけつつ、幅広い分野を経験できる。
・新人、若手でも主担として事件を担当できる。
・労務環境が整っており、弁護士の週の平均労働時間は43.2時間。
・弁護士が案件に集中できる事務局体制。
備考 ■ご入所後1~2年は先輩弁護士の指導の下、その後は1人で裁量を持って進めていただく事となります。
 また新規開設の事務所においても、最初に東京事務所など他の事務所で十分な研修を受けられるとともに、先輩弁護士が法律相談や期日出廷に同行します。さらにはメールや電話で随時フォローしますので、開設予定の事務所で勤務したい方も安心してご応募ください。

■弁護士同士・弁護士と事務員間の風通しがよく、修習期や事務所の分け隔てなく交流をしていただく事ができます。
 また社内独自システムによる事件管理のデジタル化や、社内チャットでちょっとした疑問なども気軽に先輩や事務員の方に相談する事ができるので、「業務のキャッチアップがしやすかった」と弁護士からも好評です。

■平松剛法律事務所では長時間労働を善しとしておらず、趣味や自己研鑽、プライベートの時間も大切にしていただきたいという方針です。
 弁護士、事務員のワークライフバランスを重視しており、弁護士の週平均労働時間は43.2時間。
 また事務所内で意見を募集しながら福利厚生制度の導入もしております。

Message

平松剛法律事務所の特色は、
先輩弁護士のみならず、事務員さんを含めた全職員の風通しが非常に良いことです。
たとえば、当事務所では弁護士も事務員さんも、皆さん「〇〇さん」付けで呼び合っています。
弁護士の業務は、事務員さんとの協働なしには到底できるものではありません。
スピーディーな事件処理を実現するには、
誰とでも話やすい雰囲気のなか、みんなで団結して取り組むことが重要です。
当事務所の風通しのよさは、依頼者様の早期解決に大きく貢献していると思います。
また法律事務所には、「ボス弁、兄弁の指示は絶対」であったり、「年功序列」というイメージが強いかと思いますが、
当事務所には代表を含め、各弁護士が闊達に意見を交わせる雰囲気があります。
いわゆる「法律事務所」の固さはありません。
皆様には、是非、当事務所にご応募いただき、実際にこの雰囲気をご覧いただけますと幸甚でございます。
皆様からのご応募を楽しみにお待ちしております。

平松剛法律事務所

募集要項はこちら エントリー