よくあるご質問

Cさんのケース
正確な取引履歴がなくても過払金を獲得できた事例

Cさんは学生時代に遊行費目当てでレイクから借入れを行い、約30年に渡って取引を行ってきました。
弁護士は高くつくというイメージがあったとのことで、Cさんは当初はインターネット等で調べてご自身でレイクの担当者と交渉を行っていました。レイクの担当者からは「正確な記録が残っていない時期の取引については計算に含めることができない。」等と説明されたうえで、過払金として80万円しか支払えないと言われたそうですが、長期間取引を続けていた割には過払金の金額が少ないのではないかと疑問に思われたとのことで、当事務所にご来所されました。

解決までの流れ

当事務所でレイクから送られてきた資料を確認すると、正確な記録が残っていない期間についてもCさんの取引の概要をまとめた記録が送られてきておりましたので、それを基に過払金の金額をある程度計算することができました。そこで、訴訟を提起して正確な記録が残っていない期間も含めて過払金の請求をしたところ、200万円の支払を受けることができました。
結果的に当事務所にご来所いただく前に和解するよりも多い金額が手元に残ったため、Cさんは大変満足している様子であり、「これならもっと早く相談しておけば良かった。」と仰っていただきました。

0120-316-543

お問い合わせお問い合わせ

Copyright hiramatu-go pat. All rights reserved.

ページトップへ移動