0120-554-9310120-554-931

B型肝炎とはどのような
病気ですか。

B型肝炎ウイルスに血液・体液を介して感染して起きる肝臓の病気です。

B型肝炎ウイルスは感染した時期、感染したときの健康状態によって、一過性の感染に終わるもの(一過性感染)とほぼ生涯にわたり感染が継続するもの(持続感染)とに大別されます。
思春期以降にB型肝炎ウイルスに感染すると、多くの場合一過性感染で終わります。B型肝炎ウイルス感染後、一過性の急性肝炎を起こすことがしばしばありますが、その後大部分の人ではB型肝炎ウイルスは排除され慢性化しません。またB型肝炎ウイルスに感染しながらも、急性肝炎の症状が出現せず、気づかないうちにB型肝炎ウイルスが排除される人も少なくありません。したがって、一過性感染の場合には大きな問題になることはあまりありません。
しかし、幼少期に感染する場合には持続感染することも少なくなく、その場合B型肝炎ウイルスは基本的に完全排除することは出来ませんので、慢性肝炎さらには肝がん発症につながるなど大きな問題になります。

B型肝炎とは

安心の実績 19,053件!

B型肝炎給付金の申請ノウハウが
豊富にあり、困難なケースを解決してきた
実績があります。

無料相談
0120-554-931