0120-554-9310120-554-931

母子感染とは何ですか。

出産時に母親から子へ感染することを母子感染と言います。

B型肝炎は主に血液によって感染するため、女性が感染している場合、妊娠中や出産時にその女性の血液が子に触れることで感染する場合があります。

母親が給付金の支給対象である一次感染者の場合、母子感染した子は二次感染者となり、給付金を請求する権利が認められています。 母親が一次感染者と証明されている場合はもちろん、証明されていない場合でも、母親が感染者であったり、肝臓の病気を患い亡くなっているといった場合は、あなたに母子感染(二次感染)の疑いがあります。
まずは、ご自身でB型肝炎ウイルス検査を受けいただくことをおすすめします。

B型肝炎の感染経路や原因

安心の実績 19,053件!

B型肝炎給付金の申請ノウハウが
豊富にあり、困難なケースを解決してきた
実績があります。

無料相談
0120-554-931