B型肝炎訴訟とは
何ですか。

平松剛の写真

監修者

平松剛法律事務所 代表弁護士

平松 剛Go Hiramatsu

PROFILE

幼少期に受けた集団予防接種等の際に注射器が連続使用されたことによってB型肝炎ウイルスに持続感染したとされる方々が国に対して求める損害賠償の訴訟のことです。

B型肝炎に持続感染している人の大部分は、母親がB型肝炎ウイルスの持続感染者で、出産時に産道出血によりB型肝炎ウイルスが新生児の体内に侵入することにより感染します(母子感染)。しかし、それとは異なり、幼少期に受けた集団予防接種等の際に注射器が連続使用されたことによってB型肝炎ウイルスに持続感染したとされる方々もすくなくありません。このような方が国に対して求める損害賠償の訴訟のことを「B型肝炎訴訟」と言います。

B型肝炎訴訟について

安心の実績 24,444件!

B型肝炎給付金の申請ノウハウが豊富にあり、
困難なケースを解決してきた実績があります。

※このページに掲載している写真、イラストはイメージです。