0120-377-931

建設現場等で働いていた方、
そのご遺族の方

建設アスベスト
国と企業の責任を認める

建設アスベスト国と企業の責任を認める

2021(令和3)年5⽉17⽇に⾏われた最⾼裁の判決にて、労働者と仕事を個⼈で請け負ういわゆる⼀⼈親⽅等の屋内建設現場(解体作業含む)でのアスベスト(石綿)粉じん作業に対し、国や⼀部の建材メーカーの賠償責任を認めました。

賠償⾦⽀払いのための要件

要件1

以下の作業内容および期間にて、アスベスト(石綿)粉じん作業に従事していた⽅。

屋内建設作業(解体作業含む)に従事した⽅屋内建設作業(解体作業含む)に従事した⽅

1975(昭和50)年10⽉1⽇〜
2004(平成16)年9⽉30⽇までの間

吹付作業に従事した⽅

1975(昭和50)年10⽉1⽇~
2004(平成16)年9⽉30⽇までの間

※上記期間内で就労した事実があれば、⼀部の期間でも対象となります。

※労災保険や石綿健康被害救済法による給付を受けている⽅であっても、賠償⾦の対象となります。

※すでに事業場(会社)が倒産や閉鎖していても対象となります。

※既に死亡した⽅でもその遺族が請求できます。

要件2

要件①の結果、以下の石綿関連疾患を発症した⽅。

  • ・石綿肺
  • ・中⽪腫
  • ・肺がん
  • ・びまん性胸膜肥厚
  • ・良性石綿胸⽔

要件3

提訴の時期が損害賠償請求権の期間内であること。

期間内であるかどうかは当事務所にて確認させていただきます。

賠償⾦

和解により国から⽀払われる賠償⾦の額は、疾患の種類や程度によって、以下の通り異なります。

疾患の
種類や程度
金額
中皮腫 1,150万円
石綿肺
550万円〜1,150万円
550万円
1,150万円
肺がん 1,150万円
びまん性
胸膜肥厚
1,150万円
良性石綿胸水(※) 1,150万円
上記疾患に
よる死亡
1,200万円〜1,300万円
1,200万円
1,300万円

※良性石綿胸⽔は建設アスベストのみが対象となります。

ただし、以下の減額要素がある場合には、上記⾦額から減額した⾦額を⽀払うとされています。

①肺がん罹患⼜は肺がんによる死亡を損害とする各原告について、喫煙歴が認められた場合は、10%減額する。

②国の責任期間内において、各原告らが上記要件①に定める作業に従事し石綿粉じんに曝露した期間が以下の期間に満たない場合には、10%減額する。
・石綿肺及び肺がん︓10年
・中⽪腫及び良性石綿胸⽔︓1年
・びまん性胸膜肥厚︓3年

証拠収集

証拠収集

当事務所では、⼾籍事項全部証明書などの公⽂書から診断書等の医療記録まで、お客さまに代わって上記の要件を⽴証するために必要な証拠の収集をいたします。
上記の要件に当てはまる可能性がある⽅は、安⼼してご相談ください。

心当たりのある方は、
すぐにご相談ください。

中皮腫、肺がん、石綿肺、びまん性胸膜肥厚などの疾患をお持ちの方は、疾患に応じて550万円〜1,300万円の賠償金が国から支払われる可能性があります。

無料相談
0120-377-931