よくあるご質問

初回示談提示約130万円から訴訟上の和解で400万円にまで増額した事案

Kさんは、原付バイクで道路左端を直進していたところ、並走していた自動車が左へ幅寄せし、Kさんの原付バイクに接触してKさんが転倒するという交通事故に遭いました。この交通事故により、Kさんは外傷性頸部症候群、腰椎捻挫などの怪我を負い、約1年間通院しましたが、頸部と腰部に後遺障害が残ってしまいました。
Kさんは、交通事故に遭うのが初めてで、何をどうしたらいいか全く分からなかったため、当事務所を訪れ、本件の解決を依頼しました。

解決までの流れ

事件受任後、当事務所は、Kさんの後遺障害について後遺障害等級認定の申請手続を行いました。その結果、Kさんの頸部と腰部の後遺障害について後遺障害等級14級の認定を受け、自賠責保険から75万円の保険金を受領することができました。この結果を加害者側の保険会社に知らせると、保険会社から約130万円(通院慰謝料約100万円、後遺障害慰謝料約30万円)の示談金の提示がなされました。これに対し、当事務所から通院慰謝料、後遺障害逸失利益、後遺障害慰謝料などを含む約500万円の対案を提示し、示談交渉を継続しましたが、争点が多岐にわたることもあり、保険会社が示談金の提示額をほとんど上げてこなかったことから、これ以上示談交渉を継続しても時間の無駄であると判断し、訴訟提起に踏み切りました
訴訟では双方の主張を尽くしていたところ、裁判官から和解勧告があり、和解協議の結果、当方の主張がほぼ通った内容である400万円で訴訟上の和解が成立しました。ご依頼から解決までの期間は1年とかかりませんでした。
Kさんは、当初の提示額から3倍以上も金額が上がったことに大変喜んでいました。

解決のポイント

交通事故に基づく損害賠償請求で訴訟を起こした場合、争点が多岐にわたる事案のときは解決まで1年以上かかることが多いのですが、本件では訴訟を起こしたにも関わらず、1年かからないで解決に至ることができました。この早期解決のポイントは、加害者側の保険会社の対応や事案の内容から、だらだらと示談交渉を継続しても無駄であると早い段階で判断できたことにあります。早期解決のためには、時間のかかる訴訟を起こさずに任意の交渉で示談するのがいいと思いがちですが、ときには訴訟を起こしたほうが早期解決に繋がる場合もあるということを如実に物語っている事案であるといえます。

0120-554-931

お問い合わせお問い合わせ

Copyright hiramatu-go pat. All rights reserved.

ページトップへ移動