交通事故の慰謝料・示談金とは?
知っておきたい交通事故の
お金の話

交通事故被害では「どのぐらいの慰謝料・示談金を請求できるのか?」が気になるポイントだと思います。
ここでは「慰謝料と示談金の違い」や「示談交渉で請求できること」をわかりやすくご紹介します。

慰謝料、示談金の違いとは?

示談金の中に慰謝料も含まれている

示談金とは、治療費や休業損害、逸失利益、そして慰謝料などをすべて含めて、当事者の合意で決まった金額のことです。そのため、慰謝料は、示談金の一部であるといえます。

示談金
  • 損害賠償金
  • 慰謝料

示談金として請求できることとは?

損害賠償金

損害賠償金とは、交通事故などで被害を受けた人が加害者から受け取れる金額のことです。この損害賠償金は、積極損害と消極損害の2つに分けることができます。

損害賠償金
  • 積極損害
  • 消極損害
積極損害とは?
事故によって出費を余儀なくされたものを、積極損害と言います。たとえば車の修理代や、入院・通院費用、義足や車いすの費用、葬儀費用などがあります。
積極損害
  • 車の修理費
  • 治療費
  • 通院費
  • 付添費
など
消極損害とは?
本来であれば得ることのできた収入が、事故によって失われてしまうことを消極損害と言います。消極損害には主に休業損害と逸失利益の2つがあります。
消極損害
  • 休業損害
  • 逸失利益
休業損害(休業補償)とは?
休業損害とは、交通事故のため働くことができず、得られたはずの収入を失うことです。その休業分の収入を補償してもらうことができます。
逸失利益とは?
逸失利益とは、交通事故で後遺症が残ってしまった、または亡くなったために、将来得られたはずの収入を失うことです。これも補償してもらうことができます。

慰謝料

慰謝料とは、精神的被害に対して受け取れるものです。交通事故の被害では、ケガで病院に行った場合などに支払われます。物損事故のみでは、慰謝料は認められないことがほとんどです。

また慰謝料は原則として入通院慰謝料・後遺障害慰謝料・死亡慰謝料の3つの種類にわかれます。

慰謝料
  • 入通院慰謝料
  • 後遺障害慰謝料
  • 死亡慰謝料
入通院慰謝料とは?
交通事故による入通院での精神的損害に対して支払われる慰謝料のことです。
後遺障害慰謝料とは?
後遺症が「後遺障害」として認定されたときに、後遺障害慰謝料を受け取ることができます。
こちらは、後遺症が残ってしまったことに対する精神的な埋め合わせです。
後遺障害とは?後遺症との違いは?
死亡慰謝料とは?
死亡慰謝料は、①亡くなられたご本人と、②そのご遺族の精神的苦しみに対して支払われます。そのためご遺族の方が受け取る慰謝料には、2つの意味合いがあります。

弁護士に依頼した方が示談金が
多くなるって本当??

保険会社側が提示する慰謝料よりも弁護士の方が高くなる可能性が高い

交通事故の慰謝料には、3つの基準があります。どの基準を使って計算するかで、相場は大きく変わります。
3つの基準とは、自賠責基準・任意保険基準・弁護士基準のことです。
自賠責保険から支払われる場合は自賠責基準、任意保険が計算する場合は任意保険基準、弁護士が計算する場合は弁護士基準を用います。

弁護士基準で最も高額な請求へ!

弁護士基準は、裁判所基準、赤本基準とも呼ばれています。

自賠責基準
  • 自賠責保険から支給される保険金額を計算する際に使用。
  • 最低限の補償。
任意保険基準
  • 各損害保険会社の支払基準。
  • 最低限の補償と同じか、少し高いことが多い。
弁護士基準
  • 過去の裁判例をもとに構築した基準。
  • 訴訟前提であるため最も高額。

弁護士基準が一番高く受け取れます。

示談交渉の相手が任意保険会社だと、示談金の提示額は必ずといっていいほど低額になります。
金額に疑問を感じた場合は、必ず弁護士に相談しましょう。

休業補償も増額できる可能性がある

働けなかった間の休業補償も、弁護士なら増額することができます。
慰謝料と同様に、保険会社と弁護士では休業損害額の計算方法が違うからです。
また休業補償自体を認めない保険会社もあるので、まずは弁護士にご相談ください。

保険会社

事故前直近3ヵ月の給与総額÷90日×実際の休業日数

弁護士

事故前直近3ヵ月の給与総額÷稼働日数×休業日数

月収30万円の休業補償の例
弁護士に頼むと 1.5倍になる可能性が!

休業補償に対する計算方法は、事案によって異なる可能性があります。

解決までの流れ

※状況別のボタンを押下すると詳細ページをご覧いただけます。

  • 全国対応 通話料無料 24時間365日受付 0120-250-797
  • メールで無料相談