交通事故に遭ってしまったら

症状固定(後遺障害認定)

判断するのは医師です

一般に、これ以上治療しても症状の改善が望めないことを状態のことを症状固定といいます。ここで重要なのはこれを判断するのは原則的には医師であり保険会社ではないことです。この点、保険会社も営利団体であることから基本的には保険会社に有利なことしか言わないため、「これ以上の入通院を認めることはできない。」と言われることもあると思います。しかし、保険会社が通院を認めないといっても医師が治療が必要と診断するならば症状固定にはなりませんし、また、後述のとおり入通院期間によって慰謝料の額が決まるので、保険会社の言いなりになって入通院の期間を短縮すると、もらえるお金の額が少なくなりかねません。なので、少なくとも医師が治療が必要と診断するかぎりは、入通院を続けてください。

後遺障害の認定

これ以上治療しても症状の改善が望めない「症状固定」と医師が判断した場合、次の手続きとして「損害保険料率算出機構」という機関に対して後遺障害の認定を申請することになります(これを事前認定といいます。)。通常は保険会社を通じて申請しますが、保険会社を通さずに自分で申請することも可能です。
事前認定は保険会社が支払う保険金額を決めるために行うものです。後遺症害にはその程度に応じて1級から14級まであり、1級が最も重く、14級が最も軽い等級となります。
等級が高ければ高いほど支払われる保険金も高くなるため、後遺症害が残る被害を受けた場合は、いかに高い等級を獲得するかが極めて重要になります。
認定結果が不当であれば異議の申立をして再度審査を要求し、異議を出しても認定結果が変わらない場合、訴訟で等級を争うこともできます。
いずれにせよ、ここでは適切な認定がなされるように十分な医療記録を提示することが重要です。なので、この点に不安がありましたら交通事故に精通している弁護士にご相談してください。

0120-554-931

お問い合わせお問い合わせ

Copyright hiramatu-go pat. All rights reserved.

ページトップへ移動