【よくある質問】後遺障害等級認定

どういう場合に、後遺障害等級の認定を受けることが出来るのでしょうか。
後遺障害等級を認定する自賠責保険は、後遺障害の認定の基準を公表しておりません。ただ、事故態様や通院状況は判断考慮になっているといえます。事故の大きさが大きければ大きいほど、一般に後遺症が残ると判断される傾向にありますし、通院状況についても、一般に後遺障害が残る方の通院実績とどこまでかけ離れているのか、後遺症が障害残ると評価されてもおかしくない通院状況なのか等は考慮されている可能性が高いです。そして、重要なのは、自賠責保険が書類審査が主になるので、しっかりと残っている症状を訴えるため、証拠を収集することです。その他、様々な考慮要素があると思われますが、証拠の収集も併せて詳細は弁護士にご相談ください。
裁判所に訴えた場合、後遺障害等級認定の結果を覆すことができるのでしょうか?
裁判例の中には、自賠責保険における後遺障害等級認定の結果に拘束されず、独自に後遺障害等級の判断をしたものもあります。
しかし、逆に自賠責保険における後遺障害等級認定の結果よりも。低い後遺障害等級の判断をした裁判例もあります。
以上のことからわかるとおり、裁判所に訴えて、認定結果を覆すること(または、覆されること)は可能性としてはあります。
もっとも、裁判例の傾向を分析するかぎり、ほとんどが自賠責保険における後遺障害等級認定の結果を重視しているといえます。
厳しい言い方かもしれませんが、裁判所は判決を下す立場にある以上、証拠を重視しますので、「裁判所なら被害者の気持ち、現状を理解してくれる」といった想いを抱かない方がよいでしょう。
軽いむち打ち症でリハビリをしていなかったのですが、後遺障害等級認定を受けることはできるのでしょうか?
通院状況は、後遺障害認定の判断の際の考慮要素になっています。リハビリをしていなかった場合には、極論を言えば、リハビリが必要ない程度の怪我だったと評価される可能性もあります。必要であれば、医師と相談の上、通院することをお勧めします。
また、医師の診察は月に1回は受診することをお勧めします。大事なお身体のことですので、怪我の状態は医師に把握してもらいながら治療すべきですし、あまりにも医師の診察の期間が空いてしまうと、「早い段階で治っているでしょ?空いた期間後の通院は、事故とは別の怪我での通院でしょ?」と判断されてしまう可能性もあります。
事故で持病の腰痛が悪化した場合、後遺障害等級認定を受けることはできるのでしょうか?
持病があり、事故前に通院歴があったとしても、後遺障害等級認定を受けること自体は、可能性はあります。
また仮に、後遺障害認定が出たとしても、後遺障害によって生じる損害について、100%が事故の原因ではなく、持病(「既往障害」と表現されます)も影響しているだろうと、損害額を減額される可能性はあります。
むち打ち症で14級の後遺障害等級認定を受けましたが、12級との違いは、どのようなものでしょうか?
むち打ち症で対象となる後遺障害等級認定は、「14級9号」と「12級13号」になってきます。
この等級内容の違いは非常に難しい問題で、多くの交通事故被害者が悩まれている事柄の1つでもあります。
等級内容の違いを簡単に言ってしまうと、事故を原因とする症状の存在を合理的に説明できる程度であれば14級9号、証明までできるのでれば12級13号となることが多いです。交通事故での骨折があり、かかる骨折箇所が不正癒合している等の画像所見があれば、12級13号が認定されやすくなる傾向です。むち打ち症という病名の場合、骨折と違い、証拠に残りにくいため、「ヘルニアがある」と言われている場合でも、非該当か、14級9号と問認定の方が多いという印象です。弁護士の方で、より上の等級認定の可能性を上げる証拠収集は可能ですので、お気軽にお問い合わせください。
整形外科に行って頸椎捻挫の診断を受けましたが、私の場合にも、後遺障害等級認定の可能性はあるのでしょうか?
頸椎捻挫等の捻挫の症状であっても、後遺障認定の可能性はあります。ただ、捻挫等の場合には、後遺障害の認定を得るにあたって、慎重な資料集めが必要です。後遺障害の申請に関しては、相手方保険会社に任せてしまうやり方と、被害者側で資料を集めで申請するやり方があります。保険会社に任せてしまうと、例えば、画像所見は自賠責保険に提出しない等、こちらに有利な証拠を出してもらえていない場合もあります。当事務所では原則として、どのような証拠を出すのか等、提出する証拠を事前に確認できる被害者請求の方法と、採っております。

状況別のよくある質問

解決までの流れ

※状況別のボタンを押下すると詳細ページをご覧いただけます。

  • 全国対応 通話料無料 24時間365日受付 0120-250-797
  • メールで無料相談